ちょっぺこ日記

日々雑感や本の感想などを綴ります。

35度超の真夏日

f:id:Nonapenta:20170804164622j:image

 

夏休をいただき、午前中は休んでいた。

カーテンを開けただけで、強い日差しが差し込み、強い暑さが沸き起こるようだ。

昼前にニュースを見ると、午前中で早くも35度超の夏日になっていたようである。

 

私は暑さが苦手だ。パニック障害にかかったり、大きく体調を崩した時期から、暑さを異様に恐れるようになった。

多分、暑さで気持ちが悪くなったり、動悸がしたりと体調を崩すことが多いからだろう。外出の前から、もし具合が悪くなったらどうしようと不安になり、その不安が本物の体調不良を呼び込むようだ。

勿論、精神論だけでなく、実際に体調を崩しやすいのだが…。このブログでも書いているが、実際に熱中症になったこともあるわけで…気合や不安云々で対処できる域を越えることもあるのだ。

 

そんな感じであるからなるべく外出はしたくない。したくはないのだが、子どもがいたりするとそうも行かない。保育園にはお迎えに行かねばならないし、晩御飯の食材を買いにも行かねばならない。

 

重い気分をえいやっと振り切るように外に出た。

やはり、暑かった。車に乗り込むと、更に暑い。外気温は38度とある。げげーとその数値に挫けそうにるが、ここまで来たら出発あるのみ。

 

近所のドラッグストアとスーパーで買い物を済ませてきた。相変わらずドクドク心臓が波打つような動悸に襲われて、ソワソワした嫌な感覚になったが、そこまで体調不良にはならなかった。ほっと安堵する。

そりゃできることなら、こんな動悸や不安感からも解放されたい。元気いっぱいに外出してみたいし、そもそも、そのようなことを意識せずに生活していけたらと思う。

 

……けれども、もしかしたら、日々、無事に生きているという事実をもっと肯定的に捉えてもいいのかな、と少しだけ考えるのであった。できないこと、調子の悪いことに目を向けることをやめることはできない。ならば、良いこと、うまくいったことにも、少しずつでも目を向けていけるといいなぁと思う。