ちょっぺこ日記

日々雑感や本の感想などを綴ります。

今日のよかった 第7回 〜嫌なこともあったんだけど〜

 昨日は実は憂鬱というか、はあっとため息をついちゃうことがありました。

 うーん、よかったことだけ書こうかなとも思ったのですが、「両方書こう、それが私だもの。」と思い、ありのままを書くことにしました。

 

苦手な仕事&萎縮してしまう自分

 今、取り組んでいる仕事が実はとても苦手な分野。客観的に見たら、大した仕事ではないんだと思いますが、自分自身にとっては苦手なこと。企画系というか、あれこれ決めていかなくてはいけないのですが、「これはどうしたらいいのかな?」「こういう場合はどうなのかな?」とあれこれ些末な懸念が生じてきて、前に進めません。

 そういうことを気軽に相談できる相手がいればいいのですが、今の職場にはそういう相手がいません。皆さん、自分よりも仕事ができる優秀な方ばかりなので、自分が悩んでいるレベルのことを話しても、うまく伝わらなかったり、「なんでそんな些末なことを…」と眉をひそめられてしまう有様です(←自分の被害妄想かもしれませんが:笑)。

 いずれにせよ、「こんなことは相談できるレベルじゃないんだろうな」「言ってもどうせ駄目だろうな」と委縮してしまっていて、うまくいっていないという感じです。

 仕事もそうだし、自分自身の心がかなり委縮しているなぁという自覚があります。「今日、こんな失敗しちゃったよ…」と昼休みに夫にラインをして、優しいというかきちんとした返信が来ると、思わずうるっと涙をためてしまっている自分がいます^^;。

 朝、職場に向かうことを考えるとちょっとだけ憂鬱になったり、昼休みにお弁当を食べていても、胃が波打って、うまく食べられない日もたまにあります。

 まあ、いつもそういうわけでもありませんし、仕事そのものは早く帰れるので、とってもありがたいのです(保育園の送迎があるので)。

 何だか頭の中がぐちゃぐちゃしていて、うまくまとめられないのですが、要するに「仕事内容が苦手である」「職場に相談できる相手がいない」ということです。そして、それは仕事が悪いわけでも、職場の人間が悪いわけでもないということはわかっていて、悪いとしたら、それは自分自身なんだろうなぁと感じているから、余計に辛いのです。

 

そんな状態だから、身に染みることもあるのも事実

  前述したように委縮して、暗い気分になることもあるのですが、たまに同じ会社の元上司や同僚に会って、少し雑談すると、嘘みたいに気持ちが晴れます^^;。(3~5年で異動があるので、今の部署の前とかその前とかさらに前とかで出会って人たちです)。

 しょうもない雑談なのです。今日は暑いよね、とか、朝晩、寒くなったよねとか、そういう実に些細な話題。でも、不思議なのですが、そんな些細な会話で、気持ちがぐっと楽になるのです。あ、もうちょっと頑張ろうかな、と思える。

 それは会社の人間ではなくて、例えば、駐車場の管理人のおじさんと「坂本竜馬」とか「幕末」の話といった歴史ネタの雑談をしていても、気持ちが上がりますし、コンビニで私が間違って財布をレジに出してしまったときに、レジのおばさんがくすくすと笑い、私も苦笑いしちゃったという些細なやりとり……そんなものでも心が楽になるのです。

 ……不思議ですね。人との関係で委縮した心が、人との関係で楽になるなんて。

 いや、むしろ、嫌なこと憂鬱なことがあるからこそ、癒されること、ありがたいと身に染みることがはっきりするのかもしれません。幸せと不幸せは一枚のコインの表と裏なのかもしれません。

 

でも、トータルしたらプラスの方が多いかも(^_^)

  …と、ちょっと暗い話題で書いてしまいましたが、トータルで考えるとプラスの出来事の方が多いのですよ。うん。本当に些細なこと。些細な「今日のよかった」。そういうものが、生活の中にはいっぱい転がっているって思います。積み上げて、一つ一つ列挙したら、嫌な出来事を上回るかもしれない。

 

 とりあえず、昨日のよかったことは、

・図書館で辻村深月さんの本を借りてこれたこと(今から読むのが楽しみであること)

・むしゃくしゃしていたので(?)、うおー料理を作るぜ!と里芋の煮っころがしを作ったこ

・あ、地元野菜の里芋がスーパーで売られているんだなと秋の訪れを感じたこ

・サンマが一匹100円で買えたこ

・サケも売っていて、あー、サケも食べたいなぁと思えたこと(笑)

・子どものが保育園で作った工作物を得意げに見せてくれたこ

 

 ……と、いろいろ、いいこともありました^^。

 今日も…じゃなくて、昨日も1日、ありがとうございました。

 

 

f:id:Nonapenta:20170928203925j:image