ちょっぺこ日記

日々雑感や本の感想などを綴ります。

エドワード・ゴーリー展

f:id:Nonapenta:20180310200948j:image

 

美術館で、エドワード・ゴーリー展を観てきました。

ゴーリーというとシュールな絵本でコアなファンが多そうだと思っておりましたが、作品を観て……子どもが意味もなく死んでいったり、親を亡くして人買いに売られた少女がやはり死んでしまったり……とやっぱりシュールσ(^_^;)。

 

でも、ゴーリーのこんな言葉には何故か惹きつけられました。

 

どういうわけか、人生におけるわたしの使命は、人をできるだけ 不安にさせることなんですよ。 人はみんなできるだけ不安になるべきだと思うんです。 世界というのは不安なものだから。

 

逆説的ですが、そうか……もともと世界は不安なものなんだな、だったら、私が不安に感じること自体は自然なことなのかもしれないな、なんて思えて、少し楽になりました(^^)。