ちょっぺこ日記

日々雑感や本の感想などを綴ります。

「駒子さんは出世なんてしたくなかった」碧野圭

  図書館で借りてきた本。タイトルに惹かれて、手に取りました(笑)。

 

 42歳、課長の駒子さん。夫は専業主夫で、高校生の息子が一人います。ある日、突然の昇進命令で次長になることに…。夫の仕事再開に息子の学校問題、会社での人間関係やプロジェクトの問題…駒子さんは様々な問題を抱えることに。

 

 女性が働くことの問題が描かれていて、あー、こういうことあるよなぁと興味深く読めました。そして、ラストは女性ならではのラストで、スカッとしました。現実はこううまくはいかないかもしれないけれど、こんな風に色んな人が気持ちよく働けるようになるといいなぁと思いました。

 

 

駒子さんは出世なんてしたくなかった

駒子さんは出世なんてしたくなかった