ちょっぺこ日記

日々雑感や本の感想などを綴ります。

『ダルちゃん』を読んで、生きづらさについて考えた。

 『ダルちゃん』という漫画を読みました。

 はるな檸檬さんが描いた漫画で、資生堂のウェブ花椿で連載されていたそうです。

 自分は普通の女の子じゃない、生きづらいと子ども時代から感じてきた24歳の女性、ダルちゃんの話です。ダルちゃんは、本当の自分を隠して、普通の若い女性に「擬態」して、会社の中で働いています。そんなダルちゃんがありのままの自分を認めて、自分を取り戻していく話だと思いました。

 

 例えば、学生時代、女子のガールズトークについていけなかったり、自分が感じたことをそのまま話してしまうと、「ちょっと変わっている」「あの子、変」みたいに思われてしまったこと……私自身がそういうことがよくあったので、この漫画のダルちゃんの気持ちが痛いほどわかりました。共感して、ウルウルと感動して泣きそうになったくらい(笑)。

 

 ダルちゃんが自分自身の心と向き合い、乗り越えていく様子に胸を打たれました。そして、見方を変えれば、世の中は意外と生きやすいのかもしれないなぁと感じました。

 

  

「私は普通じゃないから、余計なことをして、普通じゃないから、みんなにうとまれる。普通じゃないから、幸せになれない。……だから、だから、いつも人目を気にして、誰かに合わせて、何かになりきって、そうしていなくちゃ、そうして生きていく以外にどんなやり方があるのかわからない。わからない」

「ダルちゃん。普通の人なんてこの世に一人もいないんだよ

「……」

「ただの一人もいないんだよ。存在しないまぼろしを幸福の鍵だなんて思ってはいけないよ

 

「あなたを幸せにしたいし、一緒に幸せになりたい。そのために何をしたらいいんだろうって……そして、思った。あなたを幸せにするなんて、自分にそれができるかもって傲慢だった。……私にできることは、自分を幸せにする、それだけなの。私を幸せにするのは、私しかいないの」

 

 

 

ダルちゃん: 1 (1) (コミックス単行本)

ダルちゃん: 1 (1) (コミックス単行本)

 
ダルちゃん (2) (コミックス単行本)

ダルちゃん (2) (コミックス単行本)