ちょっぺこ日記

日々雑感や本の感想などを綴ります。

味のある絵。

f:id:Nonapenta:20191110222219j:image 

 

f:id:Nonapenta:20191110222225j:image

 

僕、絵、下手だから……

 

と息子はよく言います。

まあ、何かにつけ出来ない、苦手、と口にする傾向にはあるのですが(私の影響かな(^◇^;))。

 

しかし、下手かどうかはわかりませんが、息子が描いた猫の絵…味がある!と親バカ気味に褒めちぎるのでした。

 

 

それに…と最近、思うのですけど、苦手かどうか下手かどうか、他人と比べてどうか、というのは、案外しょうもないことなのかもなぁ、と。

 

巧拙より好きかどうか。好きならやればいいんじゃない?

 

と思うようになってきました。

多分、自分が歳を取ったからかな…。

人生は神様が与えてくれたバカンスのようなもの、楽しめ楽しめ〜と思うのでした。

 

自分自身は正直、しんどい、生きるのしんどいよ…と思っていた期間の方が長いし、今でもたまに落ちるときもありますから、説得力ないんですけどね。

 

でも、息子には楽しめ〜と思ってしまう。

 

なんでも、息子は生まれる前は空の上、天国にいたらしいですし。天使だったらしい。

そして、神様にお母さんになる人を選んで、地上に降りなさいと言われたんだって。

そうしたら、お母さんが優しそうだったから、降りてきたらしいです。

 

ほんとか? わからないけど、息子が3、4歳の頃、話していました。

 

ま、真偽はともかく、せっかく天国から来たんですから、バカンスと思い、楽しんでほしいものです。

聖☆おにいさんのイエスブッダみたいにね(笑)。