ちょっぺこ日記

日々雑感や本の感想などを綴ります。

普通は!

職場の上司がよくこんな風に言ってるのが耳に入る。

 

「普通はこんなことしない。普通は!」

 

大体、他者の言動を非難するときに発せられる言葉なのだけど、いつ聞いても「普通って何だろう?」と不思議な気がします。

 

普通はこんなことしない

 

普通は皆、同じなのかしら。

そこで会話する相手が「普通」の基準を共有していると信じているからこそ言える言葉…かなと思う。

 

 

普通はこんなことしない、はよくわからない。

俺はこんなことしない、ならわかる気もする。

 

前者は多数派は、皆は、世間は、を前提にしてる言葉で、後者は自分だけを前提にしてる言葉のような。

 

太宰治の『人間失格』で主人公の友人が「これ以上は、世間がゆるさないからな」と言う場面がある。

それに対する主人公の考え方がふむふむと頷けるのです。

 

 

 世間とは、いったい、何の事でしょう。どこに、その世間というものの実体があるのでしょう。

 

「世間というのは、君じゃないか」

という言葉が、舌の先まで出かかって、堀木を怒らせるのがイヤで、ひっこめました。

(それは世間が、ゆるさない)

(世間じゃない。あなたが、ゆるさないのでしょう?)

 

 

概ね「普通は」という言葉もそのようなものなのかもしれないなぁ、なんて思いながら、仕事を進めるのでした。