ちょっぺこ日記

日々雑感や本の感想などを綴ります。

一眼レフカメラは撮ってみないとわからない。

我が家にはカメラがコンデジも含めて何台かかありますが(夫一眼、私ミラーレス、コンデジ、息子中古コンデジ…かな)、そのうち一眼カメラが2台。

一つが夫の一眼レフカメラNikonのD7200です。

 

f:id:Nonapenta:20180828201037j:image

 

もう一つが私のミラーレス一眼カメラ。SONYのnex5。10年ほど前に購入しました。

 

f:id:Nonapenta:20180828201041j:image

 

 私はずっとミラーレス一眼を使ってきたので、気付かなかったんですが……(気づけ)、

 

一眼レフカメラでファインダー覗いても、ピントしか合わせられないんですね!

 

 …いえ、どういうことかと言うと、私のミラーレス一眼は、ファインダーがなく、液晶に映った映像を撮影します。その液晶画面で、絞り、露出、ホワイトバランスを設定して、あ、こんな感じのボケの写真がいいなぁと確認してから、シャッターを押します。

 どんな写真が撮れるかはあらかじめ液晶でわかるんですよね。

 

 しかし、一眼レフカメラは違いました(^_^;)

 

 設定がファインダーから覗く映像に反映されていない……つまり、撮影してビュー画面を見て、初めてどんな写真が撮れたかがわかるという…。

 

 え、一眼レフカメラ使ってる人って、絞りやホワイトバランスってどうやって決めてるのですか? 

 オートモードじゃない場合ですが…。

(でも、あれか、フイルムのカメラはそうでしたよね。現像するまでどんな写真かはわからなかったな…。だから、1枚1枚、何を撮ろうか吟味して撮影していたんだ、昔は)

 

 

 と、素人丸出しの発言です(^_^;)。

 もっとちゃんと勉強しよう……うん。