ちょっぺこ日記

日々雑感や本の感想などを綴ります。

落花生を収穫。

落花生を収穫しました。

一株から大きいボウルいっぱいの実ができました。

早速洗って塩茹でして、食べちゃいました。

生ピーナッツ、おいしい(^ ^)。

 

 



 

さて、水曜日から体調を崩していたのですが、今日はだいぶ持ち直しました。

水曜日は急にお腹を下し、吐き気。あまりにふらふらで仕事を早退。

木曜日は胃腸の具合はマシになるもひどい頭痛。休めない仕事があったので、出勤しましたが、痛くなったりマシになったりを繰り返していました。

昨日も頭痛。コロナを疑いましたが、熱はない。むしろ、平熱より1度くらい低いという…。

そして、今日。朝はちょっと頭痛が残っていて、あー、またかとげんなりしましたが、ちょっとおさまってきたときに、あえて15分ほど散歩してみました。

それがよかったのか、たまたまなのかはわからないのだけど、頭痛が大分和らぐ。

そのまま、まったり畑作業をしていたら、頭痛が気にならないくらいに。

このまま、よくなるといいのだけれども(明日は仕事だ…><)。

 

やっぱり季節の変わり目というのもあるのかもしれません。

急に気温も下がったし、体が慣れるのに時間がかかるのかもしれませんね^^;。

【読書】「レッツ!!古事記」他

「レッツ!!古事記

 昨日、福井県敦賀駅に新しくオープンしたエリア「otta(オッタ」にある「ちえなみき」という本屋さんに行ってきました。

 本の配置がテーマごとになっていたり、引き出しや戸を開けると中に本が入っていたり、おもしろい本屋さんでした。カフェもあって、飲み物を飲みながら、本を(買わずに)読むこともできるようになっていたり。

 さて、そこで息子と選んで買ってきた本がこちら「レッツ!!古事記です(笑)。この絵…「ハゲ川柳」など笑える本の絵だ…。

 小学校の図書室で「子どもに語る 日本神話」という本を読み、日本の神様に興味を持った息子に他にも古事記の本があるかなぁと探していたら、偶然、目に入り、購入してみました。

 ふざけた内容かと思いきや、意外と(?)古事記に忠実に書かれています。漫画なんだけど、筆者が古事記の色々考えた古事記の解釈によって描かれてて、古典原本より読みやすいです。

 ストーリーとしては、イザナキとイザナミの国生みから、黄泉の国の話、アマテラス、スナノオ、オオクニヌシと下って行って、神武天皇にいたるまでの話です。古事記原本でいうところの上巻まで。

 おもしろくてサクサク読めました(^▽^)/。

 

 

「葬送のフリーレン(9)」

新刊が出たので、キンドルで読書。

もう亡くなった人と思い出を通してつながっていく感じが好きです。

あと、魔族との関係。黄金郷のマハトが何を考えているのか…続きが気になります。

 

「アウトプット大全」と「行動最適化大全」

先日、樺沢紫苑さんの本を読んで、わかりやすくためになったので、追加で2冊図書館で借りて読んでみました。

「アウトプット大全」は、インプットだけじゃ頭に残らないよ、アウトプットすることで記憶に残るし、成長できるんだという話。

「行動最適化大全」は、どういう行動をすればストレスフリーで生きていけるのかを見開き1ページで一つ一つ解説してくれてる内容。ストレスフリー大全と内容はかぶっているかな。

樺沢さんの本を読み、朝散歩が健康(心にも体にも)にいいとうことで、やろうと思うのだけど、なかなか朝散歩ができない^^;。ハードル下げて5分でもいいから、少しでもいいから始めるといいと書いてあるんだけど、朝…ばたばたしていて時間がなぁ。7時頃に家を出るんですが、逆算して5時半には起きて朝食やら準備している。散歩しようと思うと4時半か5時前に起きてとなるのですが、その時間が、この季節、まだ朝じゃないんですよね。夜なんですよ(笑)。起きられない^^;。

(愚弟は毎朝4時半に起きて、7キロくらいジョギングしているらしいから、…できなくもないのか。やったら、健康になるのかしら。あーやってみたいんだけど、散歩…起きられるかしら)。

 

だらだら過ごす三連休初日。

7時半ごろに起きて、夫が作った朝ごはんを食べ、コーヒーを飲みながら新聞を読む。

だらだら過ごす朝。あー、幸せ〜と感じる。

 

それから、洗濯物して、掃除して、携帯のショップに出かけた(息子にキッズフォンを買ったのでその関係で)。

 

昼頃、ホームセンターでブロッコリーの苗を買い、家に戻り、植えた。

畑を見るとなすが育っていたので収穫。

それにしても暑い。夏か?

 

午後は実家に。

駐車場下の日陰にいると風が通って涼しく心地いい。

母も外に出てきて、父の現況やら祖父の納骨やら自身の体の不調について色々と話された。

 

両親の老いを感じます。

こうやって時は流れていくのでしょう。

両親が元気な期間は意外と短いかもしれないなぁとぼんやり考えた。私自身とてどうなるかはわからないけど…

 

心配や不安は尽きないけれども、なるようになるだろうとも思う。

 

人生は意外と短い。

 

最近、そんな当たり前のことに気付いて、といってどうすることもできず、緩やかに時の流れに身を任せている。

 

 


f:id:Nonapenta:20220917162707j:image

f:id:Nonapenta:20220917162710j:image

 

一週間が終わる。

 一週間が終わった。

 という言葉を毎週、使っているような気がする(笑)。

 いずれにせよ一週間が終わりました。お疲れ様!

 

 今日はちょっと疲れました。

 仕事が、というよりも、仕事に関連して仕事のできる人の愚痴を聞くことになったからかもしれません。

 何でかなあ。仕事のできる人の正論を聞いているととっても疲れます。

 私が仕事ができない人だからかな?(笑)。

 正論を聞いていると疲れちゃうんよなぁ。正論…。いや、自分はこう思うんだ、こうしたいんだという理想を語られても、それだけでは別に大丈夫かもしれない。

 ただ、そこに「なのに、誰だれはそれができていない。だからダメだ」と正論仕事人自身以外の他人の批判が入ってくると途端に疲れてしまう。

 向上心の強い人、べきだ論が強い人の論調はなんかわからんけど、聞いてると疲れちゃうんだよー。何でだろう。

 

 でも、とにかく一週間が終わり、帰宅しました。

 郵便局に行く用事があったので、息子と夕暮れ時を散歩。

 綺麗な夕焼けを見ることができました^^。

 

 

【読書】最近、読んだ本。「同志少女よ、敵を撃て」

『同志少女よ、敵を撃て』逢坂冬馬

 前々から読んでみたいと思っていた本。

 第二次世界大戦末期、ドイツがソ連に攻め込み、家族や知り合いを殺された少女が主人公。復讐するために、狙撃兵になり、戦争に参加する。

 主人公がどうなってしまうのか気になり、どんどんページを進めました。ちょっと厚めの本でしたが2日で読了。おもしろかったです。

 タイトルの「敵を撃て」の敵。最初は当然、ドイツだろうと思っていましたが、最後まで読み、ああ、そうか、そうなんだ、敵は敵国とは限らないんだな…と。主人公にとっての大義とは何で、何のために戦うのか、それを貫いた結末に深く頷いてしまいました。

 この本のラストにも少し出てくるのですが、独ソ戦を描いた作品というと「戦争は女の顔をしていない」もこの時代のソ連の女性兵士を知るのに参考になりました(こちらは虚構ではなくて、ノンフィクションの本です)。

 今、ロシアとウクライナが戦争をしています。別にロシアを擁護するつもりはないのだけど、このロシアやウクライナなどの地理的なところって複雑で、何が本当の敵で何が本当の悪でとかは言えない…気もします。少なくとも、アメリカと日本の戦争とロシアとウクライナの戦争は大分違う気がするのですが…。

 もちろん、人の命を奪うという点では同じです。戦争なんて嫌いです。そこは本当にそうなんだけど、…このロシアやらその周りの国々の関係って、難しいよね。ロシアの味方であるときもあれば、敵であるときもあり、国内に両方の人々が住んでいるというか…。何が正義で何が悪なのか…。

 ちなみにこの小説の中では、当然、ドイツと日本とイタリアは悪の枢軸国として扱われています。ま、当然か。敗戦国だし。敵国だし。

  

 

 

精神科医が教える ストレスフリー超大全』樺沢紫苑

 これまで色々な心理学の本やストレス対策のハウツー本を読んできましたが、この本はそれらが全てわかりやすく網羅されていると思いました。大変参考になりました。

 図書館で借りてきましたが、買って、手元においといてもいいかもと思います。

 どんなことをすればストレス対策になるのかが具体的に書かれていて、実践してみようかなって気持ちになります(笑)。

 やっぱり運動と睡眠は大事なんだよね。朝散歩をお勧めしていますが、やってみたい…んだけど、朝はハードル高い^^;。

 

 

『未来のきみを変える読書術ーーなぜ本を読むのか?』苫野一徳

 本をたくさん読むとグーグルマップになるよという。

(図書館で借りてきた本なのですが、今は返却して手元にないため、記憶を頼りに書いています^^;)。

 本を読んでいくと地図のように本の内容がつながって、深まっていくんだとあって、確かにそういうのあるあると思いました。昔、哲学書を読んでいたとき、最初はちんぷんかんぷんなのだけど、何冊もいろんな種類の本を読んでいくと、何となく分類されたり、キーワード同士がつながったりして、知識が深まっていく感じがしましたが、まさにそういう感覚なのでしょうね。

 著者は速読は意味がないとも言っています。じっくり内容を考えながら読まないと、何も残らないのかも……。多読によって結果的に読むスピードが上がるのは問題ないそうです。

 この著者、1980年生まれで同い年。そして、哲学の師匠が竹田青嗣先生。

 いえ、私も高校時代、竹田先生の本を読んで、おもしろいと思っていたので…。すごいなぁと。ずっと興味を持ったことを続けていって、研究者になるなんてすごい。すごいなぁ…。

 

祖父の一周忌。

昨日は法事でした。祖父の一周忌です。

昨年、急に倒れて、そのまま亡くなってしまいました。

92歳だったので十分長生きだったとは思うのですが、やっぱりいなくなってしまうと寂しいものです。

祖父の遺影に手をあわせながら、少ししんみり。

でも、祖父も祖母もきっと私たちを見守っている。そんな気がします。

 

さて、法事には親戚も集まり、私の入院時にお見舞いをくれた叔母もいたので、お礼を言いました。

それから手術がどうだったとか、看護師さんがどうだったとか病人トークを(笑)。

叔母は十数年前に末期の卵巣がんを患い治療、その後再発し、また治療し、もう数年以上経ち、今に至りますが、元気に生きています。肺にも転移していたし、ステージ3か4だったと思うのですが(叔母がいないところで母や親戚は泣いていた…)、寛解して、今は元気で。

 

治療した病院が同じだったので、あそこの看護師さんは本当に親切だった…とか、手術前の点滴の針、失敗された…とか(←叔母も2回刺され2回とも失敗だったらしい。血管が出ない遺伝なのか?)、色々。

昔は、癌のこと、気軽に触れちゃいけないと思い、何か…腫れ物に触るよう癌のことは話題にしないように叔母と接していたのだけど、自分も癌になってから、叔母に気軽に?相談してました。

逆に癌じゃなく、病気にもなったことなく、元気いっぱいの母にはあまり相談できなかった。気の持ちようだの、大袈裟だの言われるし…もちろん、母は母で私を励ましてくれたんだとはわかってますが…なんだろ、もしかしたら悪い結果かも、もしかしたらという不安をわかってもらえないと感じてしまって(^◇^;)。

叔母も大丈夫!と母と同じことを言ってくれたけど、叔母に言われると、何故だかわかってもらえた気がしました。何でだろ。

 

さて、久々に親戚が集まり、いとこの赤ちゃん、前に会ったときはまだ小さかったのに、大きくなっていた。人様の子どもの成長の早いこと。

 

うちの息子は、

「〇〇ちゃんや〇〇くんがいると、みんなそっちばかり可愛がって、ぼくの相手してくれないから、寂しい…」

と赤ちゃんに嫉妬していました(笑)。

赤ちゃんはもちろんですが、息子のいとこは息子より一つ上なんですが、障害があって見た目や知能は幼児で可愛らしいので、みんな、優しいのです。

息子は大きくなるから、そりゃ、昔みたいに甘えられないですからね。仕方ないよ。

 

でも、まだまだ甘えたいお年頃なんでしょうか。まだまだ抱っこしてと言ってきます。

(かと思えば、外で手を繋ごうとすると、やめてよと言われます。人に見られたら恥ずかしいやろ!と(笑))。

 

 

法事のあと、ホテルでご馳走食べて、お腹がいっぱいになり、一日、経った今もお腹がもったりしています……

 

そういや、今は少子化で親戚集まっても十数人だけど、自分が子どものころ、誰かの20回忌とか30回忌とかの法事では2,30人集まり、旅館の広間で宴会。カラオケしたり…温泉ではしゃいだり。法事というと、私はあの昭和の一コマを未だに思い出します(笑)。

 

こうやって昔のことが懐かしく感じるなんて…私も年なんだろうな…(^◇^;)。

大宮鉄道博物館。

夏休み最後に遠出しました。

夏休みの間に新幹線に乗りたい乗りたい乗りたい!!と言い続けた息子に根負けした感じで、日帰りで大宮まで。北陸新幹線に乗り、3時間ほどです。

 

大宮鉄道博物館

運転シミュレーター体験やミニ電車運転体験が抽選で当たりました。ラッキー。

館内の車両を色々見て回った後、シミュレーター体験をして(初級のわりに意外と難しかった…。電車でGOのように映像を見ながら手元のマスコン操作の体験)。

うまくブレーキをかけられなくて、息子はあーっと悔しがっていました。

 

電車関係のお土産を買ってから駅へ戻り、駅弁を購入。

色々な新幹線の分岐点になる大宮駅だからでしょうか、全国各地の駅弁がそろっていました。長野や東北、北海道など。新幹線で運んでくるのかな?

息子は「イクラとホタテのお弁当」がおいしそー、食べたいーと購入。帰りの新幹線の中で(夕食には大分早い時間なのに)、早速食べていました(笑)。

それから爆睡。疲れていたのでしょう。

 

夕方、無事、福井に戻ってきました。

明日は仕事、で、もうすぐ二学期も始まります。

夏休みが終わってしまった…。早かったなぁ。

 


f:id:Nonapenta:20220828155312j:image

f:id:Nonapenta:20220828155250j:image

f:id:Nonapenta:20220828155255j:image