ちょっぺこ日記

日々雑感や本の感想などを綴ります。

最近、読んだ本。

『永遠のおでかけ』 

益田ミリさんのエッセイです。

 叔父さん、そしてお父さんを亡くしたお話が中心。

 身近な人を亡くすということ、波のように押し寄せる悲しみ、亡き人との思い出……そんなことが、柔らかにそっと描かれていて、静かに胸に沁みました。

 私はまだ両親も母方の祖父母も生きてますが、それでも、父方の祖父母や叔父が亡くなり、また数ヶ月前には同級生が亡くなりました。

 たまに故人とのやりとりを思い出し、切ない気持ちになります。

 父や母を亡くしたら、きっともっとずっと切ない気持ちになるのだろうな…と思いました。

 

 

なにかを処分したところで

思い出は失われないのだと思った。

 

 

永遠のおでかけ

永遠のおでかけ

 

 

『立ち直る力』

 辻仁成さんの『立ち直る力』。

 辻さんが息子に向けて書いたメッセージ。

 短い文章ですが、勇気や力をもらえます。

 口癖を「疲れた」から「頑張った」にしようとか。実際に職場で、疲れた〜という代わりに頑張った〜と言ってみたら、ちょっと元気になりましま(笑)。

 

陰口を言うヤツらは、表じゃなんもできんから、

陰で人の悪口を言うんで、そいつらの寂しい口を陰口という。

そいつらにいちいち反論してなんになる?

表で生きろ、

少なくとも、陰口を言わない人間になれる。

そのほうが人生、気持ちがいいだろ?

不条理な世界だからこそ、堂々と生きたらいい。

 

立ち直る力

立ち直る力