ちょっぺこ日記

日々雑感や本の感想などを綴ります。

太宰治文学は『青春のはしか』❓

f:id:Nonapenta:20171015153316j:image

 実家の本棚にある太宰治全集。

 太宰治の作品を初めて読んだのは高校時代。記憶がおぼろげなのだが、確か高校2年生の読書感想文で『人間失格』を読み、3年生で『女生徒』を読んだような気がします。その他の作品も高校時代に読んだような……もう20年も前のことでうろ覚えですが、太宰治は好んで読んでいました。

 少し脱線しますが、何故か芥川龍之介は怖くてあまり読めませんでした。『歯車』『河童』『ある阿呆の一生』などを読みましたが、何だろう、何か強く深淵に引っ張られるような畏怖を感じて、それ以上は読むことができませんでした。あの頃の自分は、文学を自分に引き寄せて、強い感受性で読んでいたからかもしれません。

 しかし、何故か太宰治は怖いとは感じませんでした。それどころか、あ、これは私のことを言っているんだと勝手に親近感と感動を覚えて、……恥ずかしい話、涙が滲んだくらいです。

   それから二十歳前後で太宰治全集を購入して全作品を読み、太宰治を研究した本も読んでみたのですが、そこには、私が感じた親近感について書かれていました。太宰治への傾倒は、多くの若者が通る道で「太宰治は青春のはしかである」というものでした。

 つまり、若く多感な青春時代に太宰治を読んだ読者の多くが「あ、これは自分のことだ。太宰治はわかってくれている」と感動し、傾倒するのだが、それは「はしか」のように一過性のもので、時期が過ぎ大人になってしまうと、「何であんなに傾倒していたのかな…」と熱が冷めてしまうということのようです。

 自分自身の太宰治の読書歴を振り返ってみると、確かにそうした側面はあるなと思いました。高校時代、これは自分のことだと書いてあることがわかるわかると読んでいましたが、二十代で同じ作品をもう一度、読んだとき、少し読み方が変わった記憶があります。

 おそらく30代後半の今、もう一度、太宰治を読み返しても、10代の感性で感じたものはもう得られないかもしれません。そういう意味では、確かに太宰文学は「青春のはしか」であると言えるでしょう。

 けれども、太宰治が自殺した年齢に近づきつつある今、もう「青春」とは言えない年齢ではある今、何故かもう一度、太宰治文学を読み返してみたいと思っている自分がいます。はしかのように熱に浮かされたわけでもなく、ただ、淡々とした気持ちで……何というのかな、この気持ちは。

 

「まっとうな大人になんかなれない、世間に合わせることもできない、世の中の偽善が苦しくて、けれど偽善すら行えない自分が苦しくて……何となく自分は自殺するんじゃないかと考えていた10代の自分。けれど、今、何とかここまで生きてきたよ、今ではすっかり大人です。そんな私ですが、もう一度、本を開いていいですか? もう一度、何かを感じられるでしょうか?」

 

 そんな、過去と今を行き来するような不思議な気持ちです。青春のはしかならぬ「中年のはしか」でしょうか(笑)。 

 

今日のよかった第11回〜秋の訪れ〜

f:id:Nonapenta:20171015141828j:image

 寒くなりました。風邪気味だったので、外遊びをする気力はなく、近くの山にドライブに行ってきました。実家の父が運転してくれたので、私と息子は後部座席に乗っているだけ(^^)。ありがとう、じいじ。

 

 山と言いましても標高500メートルくらいなのですが、山の木々は一部が赤や黄色に色付いていました。秋が深まりつつあるんですね。

 

 そんな紅葉の始まりを眺められたことが今日のよかったです(^_^)。

 

 

(あと、熊が出なかったこともよかったかな(笑)。近年、町にも熊やら猿やらがよく出るようになったので、山に入るときは少しドキドキしますσ^_^;。幸い、私は直接、熊に遭遇したことはないのですが……)

 

 

 

どうしてこんなに疲れやすいんだろう❓

 今日は風邪なのか謎の体調不良なのかよくわかりませんが、体が辛くて、横になっています。夫が子どもを連れてお出かけしてくれたので……ありがたい(>人<;)。

 

 そういえば、「パニック障害になった話」の続きを書いていませんが、昔、職場でダウンして以来、どうにも元に戻らず、疲れやすい、無理をすると体調を崩す、週5日勤務ですが月に1日は自分の体調不良で休んでしまう……そんな状態が続いています。

 

 最悪に体調が悪かった時期(二十代後半)をマイナス10としたら、今はマイナス3〜4ってとこなので、考え方によってはまずまずなのかもしれませんが、もっと健康だったらなぁと考えて、くよくよしてしまうこともあります。

 

 どうしてこんなに疲れやすいのだろう。週の後半にはくらくらしたり、気持ち悪くなって、気合いで乗り切っている感じですが…他のみんなは何で当たり前に元気に働けるのだろう……。

 

 無い物ねだりというか、隣の芝が青く見えるというか……気持ちが滅入っちゃって、駄目ですね。

 こういうときは、「自分だけができていない」「自分だけが……」と自分自分と自己中心的な思考になってしまっているのかもしれません。

 

 そういえば、先日、同じく数年前に過労から体調を崩した職場の知人(40歳前半)と世間話をする機会があり、調子はどうですか❓と聞いてみました。

「今は体調は戻って元気よ」

「いいなぁ。どうやって治したんですか❓」

「色んな健康法を試したよ。健康グッズも買ったし。お金はかなりかかったけど、治るんなら何だってすると思って……私の場合は……」

 その方の場合は自分に合う健康法を見つけたそうで、今は以前の体調不良からは回復されたようでした。

 羨ましいなぁと聞いていたら、彼女は、でもね……と話を続けました。

 

「でも、数ヶ月前に交通事故で車にはねられちゃって、その後遺症で今は辛いのよ。見た目は元気だから、周りにはわかってもらえないんだけど、鞭打ちで首から背中が未だにこわばって治らなくて辛いわ」

 

 え⁉︎  交通事故?

 初耳だった私は驚いてしまいました。見た目は確かに何ともないようで、元気そうに見えたのですが、今も後遺症で悩んでいるなんて……。

 

 今、ふとその話を思い出して、……自分が気付けていないだけで、他の人たちだって何かしら体の不調を抱えていたり、何かしらを抱えて生きているのではないのか……と考えるのでした。

 周りの皆が健康で元気そうに見えるというのも、冷静に考えれば、そうじゃないんじゃないかな、と。

 

 だから、むやみに自分だけが辛いとか、どうして周りはちゃんとしているのに、私はできないんだろう…と比較して落ち込むのは、何だろう、意味がないのかもしれませんねσ^_^;。

 

 どうしてこんなに疲れやすいんだろう?

 周りは………と考えるのではなく、何が原因なのかな、どうすれば疲れにくくなるのかな?と考え方を変えてみるといいのかもしれないですね。

 

 ……何だか勝手に自己解決してます(しようとしてます)(笑)。

 

 そっかぁ。

 「どうしてできないんだろう?」と考えるんじゃなくて、「どうすればできるんだろう?」と考えればいいんだ……。

 

 それが難しいのだけど、少しずつ前向きに考えられるようにしたいです。無理しない程度にね(笑)。

 

 

 

 ……ま、とりあえずはゆっくり寝ます…… 

たけふ菊人形に行って来たよ。

f:id:Nonapenta:20171011183831j:image

  先日の日曜日に、福井県越前市で開催中のたけふ菊人形に行ってきました。

 

 菊人形というのは、菊の花で作った人形のことです。下の写真を見てもらった方が早いですね(⌒-⌒; )。

 

 今年は大河ドラマの「おんな城主 直虎」がテーマでしたので、菊人形館という建物の中には、ドラマの名場面が再現されていたり、直虎と直政が並んでいる展示も見られました。

 去年までは菊人形の顔を見て、怖い〜と泣いていた息子が、今年は「もう怖くないよ」と泣かずにいたことに、成長をしみじみと感じておりました。

 

f:id:Nonapenta:20171011185841j:image

  

 また、外には観覧車やゴーカート、メリーゴーランド等の小さな遊園地もあり、イベント開催中はこれらに乗ることもできます。

 息子のリクエストでみんなで観覧車に乗ってきました(^_^)。

 

 同じ敷地内には今年整備された公園もあり、親子連れがたくさん。今年からこのたけふ菊人形は入場無料になったこともあり、例年よりたくさんの人が来ていたように思います。 

 今回は公園で遊ぶ時間はなかったのだけど、次に行くときには新しい公園で遊びたいなぁ。

 

 「だるまちゃんとてんぐちゃん」などの絵本、ご存知でしょうか❓ 

 

だるまちゃんとてんぐちゃん

 その作者のかこさとしさんが福井県越前市出身ということで、公園整備の監修をされたそうです。だから、「だるまちゃん広場」の遊具など随所に絵本のモチーフがあるみたいで、確かに遠目に見た遊具はワクワクしちゃうような感じでした。

 また遊びに行くのが楽しみです☺️。敷物とお弁当を持ってお出かけしたい。

 

 

 

 

暑かったり、肌寒かったり

f:id:Nonapenta:20171012074254j:image

 

 昨日までは日中、暑くて、半袖でもいいくらいだったのに、今朝は雨がしとしと降っていて肌寒い。

 

 季節の変わり目で暑かったり、肌寒かったり、体調管理が難しい時期ですね。

 

 皆さん、体調崩さないように気をつけていきましょう(^_^)。

 

 かく言う私は少し体調不良なのですが(^_^;)。

 寒くなる季節、冷えは厳禁ですから、レッグウォーマーをしたり、寝るときにはタオルを首に巻いて寝ることにしよう。←タオルを首に巻いて寝ると、風邪をひきにくい気がします。私だけかな(笑)。

iPhoneのプログラム更新したら、PQIカードが使えなくなった……

 私のミラーレス一眼はWi-Fi機能が付いていません。6年くらい前に購入したもので、古いからかな💧。

 

 だから、Wi-Fi機能付きのメモリーカードPQIカードを使って、カメラからiPhoneにデータ送信していたのですが……このたび、iPhoneの更新プログラムを実行したら、使えなくなってしまいました( ̄◇ ̄;)。

 

 どうやら、PQIカードのプログラムが、新しいiPhoneプログラムに対応していないようです。

 

 いちいち、メモリーカードをパソコン本体に繋いでデータを取り出すことになり、非常に不便になりました。

 

 ……でも、せっかくの機会だから、パソコン内のデータを整理したり、iPhoneの画像をパソコンにコピーしたり、今までやって来なかったことを少しずつしてみようかなと思います。

 

 まあ、iPhoneの写真でも十分っちゃ十分なのだけど……。↓こないだ見上げた空。F15が飛んでいました。iPhoneでもある程度撮れている?

 

f:id:Nonapenta:20171011123426j:image

 

『凍りのくじら』辻村深月を読み、またしても涙してしまった。

 先月、辻村深月さんの『かがみの孤城』という本を読み、感動したという記事を書いたのですが、同じ作家さんの本を他にも読んでみたいなと思い、今回は『凍りのくじら』という本を読みました。

 ネットで検索していると、どうも辻村さんの作品は作品同士でリンクしているらしく、読む順番を間違えると面白さが半減してしまうらしいです。『凍りのくじら』を最初に読むといいらしいので、とりあえず『凍りのくじら』から読んでみることにしました。

(『かがみの孤城』という作品とは、リンクしていないようでした。多分)。

 

 

孤独を抱えた主人公~「少し不在」~

 主人公は有名進学校に通う少女、芦沢理帆子。頭がよく、飲み会で知り合った遊び仲間や、同じ高校の優等生の子や、一人孤立している子といったタイプが違ったどんな相手とも、うまく立ち回って付き合っていけている理帆子だが、自分自身のことを「少し・不在」と考えいる。どの場所にも属していないという孤独を抱えた理帆子の前に、別所あきらという一人の青年が現れ、少しずつ打ち解けていくのだが……。

 大まかなあらすじはこんな感じです。理帆子は頭はいいのだけど、他人のことを「少しナントカ」と上から見下している部分があり、誰も本当の自分を知らない…と孤独を抱えています。そんな彼女に訪れるちょっと不思議な物語。

 

「私が、自分に名付けたのは、少し不在。私は、どこにいても、そこに執着できない。誰のことも、好きじゃない。誰とも繋がれない。なのに、中途半端に人と触れたがって、だからいつも、見苦しいし、息苦しい。どこの場所でも、生きていけない」

 

謎が明かされるラストで思わず涙〜少し不思議な物語〜

 ネタバレになるので、ストーリーの詳細は書きませんが、終盤、私は二度泣いてしまいました。1つは理帆子の母の言葉で。もう1つは謎が明かされた終盤で……。

 孤独を感じてひとりぼっちだった理帆子を照らすあたたかい光に、もう涙うるうるです。ああ、よかった……と思いました。理帆子はもう1人じゃない。孤独の殻を打ち破ることができたんだ、と。

 それはかけがえのない深い深い愛情が導いた結末で、そのくだりを読み進め、本当に感動しました。

 

「22世紀でも、まだ最新の発明なんだ。海底でも、宇宙でも、どんな場所であっても、この光を浴びたら、そこで生きていける。息苦しさを感じることなく、そこを自分の場所として捉え、呼吸ができるよ。氷の下でも、生きていける。君はもう、少し・不在なんかじゃなくなる」

  

 作品としては、謎や伏線の回収が巧みだなと感じました。途中から、伏線は何気なく示唆されていて、もしかして……とは感じていましたが、それらがうまい具合にラストで収束しているんですよね。

 理帆子がどうなっていくのか、理帆子を取り巻く別所あきらやお母さんや郁也らは……❓

もう続きが気になって気になって、後半は一気に読んでしまいました。

 そして、ラスト。うまい‼︎ 確かに「少し不思議な物語」です。凍りのくじらのエピソードもこう繋がるのかと。謎が解けてすっきりし、大人になり写真家になった理帆子のプロローグの場面に戻ったエピローグで、理帆子のその後がわかり、よかったよかった……としみじみしました。

 

おわりに〜辻村深月さんの作品を読んでみたい〜

  『かがみの孤城』、『凍りのくじら』と2冊の辻村深月作品を読みましたが、とても面白かったです。思春期の少女の内面の描き方がうまいなと思いました。また、ちりばめられたミステリの回収が物語の筋というか主題と合っていて、物語がどうなるかワクワクドキドキさせてもらいました。

 そして、2冊とも感動して泣いてしまいました。悩みを抱えている少女が他者の助けや影響でそれを乗り越える話にうるうる。

  他の辻村深月作品も読んでみたいと思います。

 

凍りのくじら (講談社文庫)

凍りのくじら (講談社文庫)