ちょっぺこ日記

日々雑感や本の感想などを綴ります。

【読書】『ファクトフルネス』ハンス・ロリング【世界を正しく見るには…】

 久しぶりに本の感想でも……読んではいるんだけど、感想をまとめる気力がなかなか^^;。本当は感想を書くというアウトプットを入れた方が、記憶に残るんだろうけど…。

 

 さて、今回読んだ本は『ファクトフルネス』。副題が『10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』です。スウェーデン人で医学や統計学を学んだ医師で、ユニセフや世界保健機構のアドバイザーも務め、2012年にはタイム誌が選ぶ世界で最も影響力のある100人の一人になった方だそうです。

 座学だけではなく、実際に色々な国に行って調査をしたり、講演したりしていて、そのことはこの本の中では随所に紹介されています。知識だけではわからない生の情報や体験が平易な言葉で語られており、読みやすいし面白いと感じました。

 著者は2017年に死去。末期がんと宣告されてから、この本を書くことが使命だと感じて執筆を始めたらしいです(本が完成する前に亡くなってしまったのですが、その意志を一緒に本を作っていた息子さん夫婦が引き継ぎ、完成させたそうです)。そんなことを知って読むと、筆者の強い志を一層、感じることができました。

 

私たちは世界を正しく見ているのだろうか?

 冒頭に次のような質問が13問ほど載っています。一部を引用しますが、答えは何だと思いますか?

 

質問1 現在、低所得国に暮らす女子の何割が、初等教育を修了するでしょう?

A 20%  B 40%  C 60%

 

質問3 世界の人口のうち、極度の貧困にある人の割合は、過去20年でどう変わったでしょう?

A 約2倍になった  B  あまり変わっていない  C 半分になった

 

質問9 世界の1歳児の中で、なんらかの病気に対して予防接種を受けている子供はどのくらいいるでしょう?

A 20%  B 50%  C 80%

 

 正解は……すべてCです。私はこの答えが意外だなぁと思いました。もっと世界は貧しいし、発展途上国の状況は悲惨なのかもと感じていたからです。

 でも、筆者が言うには、あなたが知っている世界というのは学校時代に習った20年も前のデータではないかと言います。そして、何故、そんな知識不足になってしまうのか? 単に勉強不足だから? 

 いいえ、単に知識を学び直していないことが原因ではありません。何故なら、冒頭の質問を間違えた人の中には学者や高官等の高い学力を持った人も多かったからです。

 根本的な原因は、私たちが10の思い込みで世界を見ているからだと言います。その思い込みに捉われていることに気付き、データや事実に基づき正しく物事を見ること(ファクトフルネス)が大事なのだと主張しています。

 

10の思い込みとは何でしょうか?

 では、10の思い込みが何なのかを示すため、目次を引用します。

 

第1章 分断本能「世界は分断されている」という思い込み

第2章 ネガティブ本能「世界はどんどん悪くなっている」という思い込み

第3章 直線本能「世界の人口はひたすら増え続ける」という思い込み

第4章 恐怖本能 危険でないことを、恐ろしいと考えてしまう思い込み

第5章 過大視本能「目の前の数字がいちばん重要だ」という思い込み

第6章 パターン化本能「ひとつの例がすべてに当てはまる」という思い込み

第7章 宿命本能「すべてはあらかじめ決まっている」とう思い込み

第8章 単純化本能「世界はひとつの切り口で理解できる」という思い込み

第9章 犯人捜し本能「誰かを責めれば物事は解決する」という思い込み

第10章 焦り本能「いますぐ手を打たないと大変なことになる」という思い込み

 

 これらの10の思い込みについて、各章で具体的な事例を豊富に挙げながら、まるで講演で群衆に語り掛ける口調で説明してくれます。

 全部は紹介できませんが、例えば、分断本能の章では、「先進国」とそれ以外の国というように私たちは世界を分断して考えてしまっているという言います。自分の身近な例で言えば、専業主婦とワーキングマザー、未婚と既婚、子持ちか子なしなどかな。

 けれど、実際はそうではない。世界の生活レベルの話がありまして、先進国とそれ以外ではなく、生活のスタイルごとに4つの区分ができるといいます。このあたりは本には写真付きで載っているので、それを見た方がわかりやすいかも。

 

f:id:Nonapenta:20190821195424j:image

 

 そして、それぞれの人口の分布も変化していきいます。昔、貧困レベルにいた国も今は豊かになっている。

 そうした事実に基づいた見方をするためには、本能(思い込み)に気づき、ファクトフルネスを習慣にしていこうよと。

 

ファクトフルネスの具体的な方法

 思い込みにとらわれず、正しく事実を見るにはどうすればいいのか? 筆者はファクトフルネスの具体的な方法についても言及しています。

 

f:id:Nonapenta:20190821200031j:image

 

 ↑簡単にまとめた図が載っていました。

 こうしたルールによりデータを見ていけば、間違った見方をせずに済むようです。

(ルールだけ見てもわかりにくいかもしれませんが、本ではそれぞれのルールについて詳しく具体的に書いてあるので、スラスラ読めました)。

 何か情報に触れるとき、一歩立ち止まり、自分の物の見方は歪んでいないか、本当にそうだろうかと考えていけるといいなぁと思いました。

 

 

 

 

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

 

 

オムライス。

f:id:Nonapenta:20190819192552j:image

 

昨日の昼ごはんは、夫が作った巨大オムライス。

 

我が家は平日の朝ごはんと夜ご飯は私が作り、お休みの日の三食は夫がご飯を作ります。

 

夫は9連休だったので、ずーっと炊事番。

 

そして、ああ、ご飯作らなくていいわ〜とのほほんと過ごしていた私は今日から炊事番かぁ、早起き。

 

自分が料理下手というのもありますが、夫の作るご飯の方がおいしいです。

 

息子もにこにこしながら食べる…

 

「お父さんのごはん、プロだね、プロの味がするよ!」

 

と言ってから、付け足すように……

「あ、お母さんのごはんもおいしいよ」

 

気を遣ってくれてありがとう(^_^)。

 

そんな具合に生まれたときからお父さんも当たり前に家事をしているから、多分、息子も大きくなったら、家事することに男だからという抵抗は感じないんだろうなぁとぼんやり思う。

 

まあ、今の職場の若い男性を見ていると、当たり前に家事や子育てしてるなぁと感じます。

(共働きだとそうしないと回らないから、という理由もあるでしょうが、家事育児は女のすることという価値観が薄い感じが……。ま、代わりに仕事も男女平等、女も同じように仕事するのが当たり前って感覚もある…ように感じる。どったかというと若い女性の方が仕事バリバリしてる感じ^^;)。

平成生まれはそういう世代になっていくのかな。

 

令和生まれはどういう世代になっていくんだろう?

全体的に見れば、長い時間軸で見れば、世の中はよりよく変わっているのかもなぁと思うのでした。

最近読んだ「ファクトフルネス」って本の影響かな、

 

 

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

 

 

 

 

コストコ。

初めてコストコに行ってきました。

どんなものなんかなぁ、と興味本位で隣県まで。

 

おお〜でかい!

商品一つ一つがビッグサイズです。

パンも40個くらい入って500円以下。

洗剤もビッグ。

 

と圧倒されて、何を買えばいいのかわからず…(笑)。

結局、パンなどを少々購入。

 

うん、元が取れていないと思います。

でも、いいのさ。百聞は一見にしかずです。

 

(福井にはプラントという大きなホームセンター兼スーパーがあるのですが、安さでいうとそちらの方が安い…かな。交通費や年会費がかからない分)

 

 

年会費を払いメンバーズカードを作りましたので、まあ、また行ってみたいと思います。

よく行く昆虫館の近くだし…多分、また行くでしょう。

肉なども買って、冷凍保存すればいいんだよな、きっと。

 

 

 

ふー。

でも、膨大な商品棚を眺めたり、人混みの中にいたせいか、ちょっと疲れました(^_^;)。

今夜はのんびりまったりゆっくり休みます。

 

 

 

追記

 

前まではすぐに抱っこしてと言っていた息子が、もう抱っこは恥ずかしいからやめてよ、と手を払う。

大きくなったなぁ、成長したなぁとしみじみ思いながら、一抹の寂しさを覚える。

こうして、いつの間にか大きくなり、離れていくのだろうなぁ…。

 

お休みもらいました。

夏バテか、熱中症か、体調不良。

今日は思い切って一日休みをもらいました。

 

来週も半分は仕事だし(暦どおり)、まあ、ぼちぼち休みを入れつつ、暑い夏をのらりくらりとやり過ごしていくぞ〜。

 

そういや、あーあ、また体調不良かぁと暗くなりそうになったとき、去年の日記を読み返すと、暑いけどまあまあの体調、などと書いてありました。

 

そうか、いつもいつも暑いから体調不良というわけでもないのね、と気づく。

 

日記をつけることで、自分自身を客観的にとらえることができる。それはいいことだなぁと思いました。

 

20代の頃に書いていたブログも残っていて(ブログというツールが流行りだした時期。ライブドアが流行っていたなぁ。株価は上昇〜。しかし、後に暴落(笑))、そう、そのブログもたまぁに読み返してるんだけど、あの頃の方が今より体調不良なんですよね。

 

夏は、体重が減り続け、病院で点滴したり、漢方薬を飲んだり…(あの頃は、補中益気湯が体には合っていました)、フラフラだったみたいです。

 

今は?

 

今も不調ですけど、若い頃よりはだいぶマシになってます。そろそろ更年期やら老化による不調が出てくる年代の割には(笑)。

 

 

よし、今日は寝よう。

 

 

汗だくで仕事。

 今日は文書の整理。

保存年限の過ぎた書類を捨てるため、地下書庫から書類を運び出します。

 

エアコンのない地下は暑さでムワムワ。

台車に書類の箱を積んでいると、汗が噴き出してきました。

顔は汗でドロドロ、服も汗で濡れる…。

真夏の肉体労働は、マジで辛い(^_^;)。

もう無理ー、早く終わらせたい! 

と同僚と愚痴りながら作業に汗しました。

 

けれど、終わった後に座席で食べたアイスの美味しいこと。

クーリッシュをチューチューしながら、一息。

 

そんなささやかなご褒美に、疲れたねぇ、暑かったですねぇと交わすたわいない会話に、何故だか充実した気分を味わいました。

 

 

私がなんだかんだと仕事を続けてるのって、こういうささやかな日常があるからなのかもしれません。

 

いや、勿論、経済的な理由もあるし、辞めるの勿体ないって理由もあるんですがね……(^_^;)。

 

さて、まだ1週間は始まったばかり。

あまり無理しないようにぼちぼちいきましょう。

 

 

息子、お父さんと映画に。

息子が夫と映画に出かけていきました。

仮面ライダージオウの劇場版。

 

私は体調不良でお留守番です。

…ああ、ジオウ…観たかった…。

 

そして、ジオウを観られない無念さよりも、息子と夏の行事を一緒に楽しめない自分の体力のなさに、不甲斐なさを感じます…。

 

いえ、毎度のことなんですがね…。

 

体が辛いから家で休んでいたい。その方が良い、と理性では考えています。

でも、ああ、息子の夏の思い出の1ページに関わることができないという…感情が…。

 

 

……バリバリ動けるお母さんになりたい。

いや、バリバリじゃなくとも、そこそこでいいか?

 

 

…いっつも、悩んで、でも、体力やら体質は劇的には変えられなくて、また思い悩む……。

 

「お母さん、無理しないでね。ゆっくりしててね」

 

息子の優しい言葉を思い出し、また涙ぐむ。

 

 

暑さで少し体調不良。

職場のエアコンが故障か何かで効かず…朝から暑い中、仕事をしていましたら、頭痛と気持ち悪さが……。

熱中症とまではいかないのでしょうが、どうにも体調が悪く、とりあえずやらなきゃいかん仕事だけ片付けて、午後から早退しました。

 

暑いのって苦手…。

いや、寒いのも苦手…(笑)。

 

 

はあ。来週も暑くなりそうです。

来週は体を使う作業があるから、体調整えないとね。

 

夏場は睡眠も浅くなりがち。

いつも以上にたっぷり眠りたいです。

 

いつも以上にゆっくり休み、ぼちぼち過ごしていきましょう〜。