ちょっぺこ日記

日々雑感や本の感想などを綴ります。

のんびりだらだら日曜日。

昨日、私は休日出勤。

夫と息子はまた陶芸。電動ろくろと絵付けに挑戦したそうです。

 

今、息子のブームは陶芸、麒麟がくる、にゃんこ大戦争

麒麟がくるは私も毎週とっても楽しみにしてます。

息子は斎藤道三が好きみたいで、美濃の稲葉山城に行きたいとな。

岐阜の金華山ですよね、私も行きたい!

確か昆虫博物館もあったはず。

 

岐阜かぁ…日帰りで行ける距離。行ってみたいなぁ。

コロナウィルスが怖くてなんとなく遠出は気が引けるのですが…多分、もう日本のどこにいても変わらないような気もしてます(^◇^;)。うつるときはうつる、インフルや風邪と同じかな…とも。

 

さて、日曜日。

息子は夫とスイッチでふたりでにゃんこ大戦争というゲーム三昧(笑)。

私は明日からのごはんの作り置きを作り終え、のんびりとお茶しています。

 

のんびり〜。

 

 

金曜日再び(笑)。

また1週間が終わりました。

お疲れ様でした!

 

相変わらず終わらぬ仕事よ…

(終わっても次から次に来るのです。だから、正確には、終わっていってるのかな。ただ、次の仕事がまた間に合わないギリギリスケジュール^^;)。

 

ここらで休日出勤をはさまないと年度末を乗り切れなさそうです…仕方ない。

 

ただ誰もいない、少ない職場で仕事すると、捗るので嫌いではないです。

可能から平日休み、土日に勤務したいわ(笑)。

 

しかし現実は平日も仕事、土日もたまに仕事…。

そんなもんです。

年度末…はあ、怒涛の年度末よ。そして、怒涛の年度始め。

毎年毎年ひーひー言ってます。

 

仕事も嫌ですが、息子に、お母さんはいつも仕事と文句を言われるのも辛いところ。

好きでやってるわけじゃないんだよ…しくしく。

 

春からは小学一年生。

どういう生活になるのか…不安いっぱいです。

時短は使えなくなるので、年休を使い、しばらくは時短にするつもり。年休を使い切ったら、アウト。

(まあ、平日定時で終わる業務量じゃないから、土日も働き、無駄に代休がたまるので、何とか年休を使い切らずにいけそうですが……ま、もうどうにも回らなくなったら、辞めてやるぜ!←むしろ、辞めたい……でも、全然ブラックじゃないのです、パワハラセクハラ男女差別はないし…いいのか悪いのか女性も男性も仕事の重さが変わらない💧……だから、ギリギリまで粘ってしまう)。

 

 

生活の不安もさることながら、息子、ひらがなかろうじて読めるレベル。全部は書けないし、カタカナはほとんど読めない。

大丈夫かな? と勉強も心配ではありますが、それ以前の問題として、小学校に行くのか?って問題ですね。

 

何か、もうね、元気に通ってくれたら、勉強はできてもできなくてもどっちでもいいわ(笑)。

義務教育だけ卒業してくれたら万々歳ですよ。ひらがなとカタカナ、ある程度の漢字、簡単な計算ができるようになれば御の字です。

 

仮にもし不登校になったとしても、まあ、それもありかなと私は思ってます。

いえ、自分がね、就学前に漢字も書けたし、勉強もまあまあできたけど……学校生活が辛くて苦しくて、小学生の頃から早く死にたいと本気で思ってたのです(当時から鬱を発症していたようだと後に医師には言われました)。

 

それでね、何かね…せっかくの人生だから…生きていて楽しい嬉しいと息子には思ってもらいたい…と思ったりしてね…。

 

小学校に行って、楽しい…まあ、楽しくなくても辛くはないんなら、行けばいいと思いますが、そうでないなら、無理に行かなくていいよと思うんですよ…。

 

……いや、まあ、行ってくれるに越したことはないけどね(^◇^;)。

 

 

って何の話だったっけ?

相変わらずの仕事の愚痴だったはずが(笑)。

 

 

 

 

 

 

金曜日の夜

平日5日の仕事が終わった金曜日の夜。

気が緩むのかどっと疲れが出ます。

 

お疲れ様でした。

とは言え、終わらなかった仕事が脳裏をよぎる。

そして、相変わらず、仕事嫌いだなぁとも思う(^_^;)。

 

働いて、楽しい、やりがいがある、と思えたらいいのかもしれないが、生憎、私はそうは思えず…

 

嫌だなぁ、やりたくないなぁ、

なんてネガティブに働くこと十数年…。

毎朝、吐き気がしたり、実際吐くこともある。

精神的なものなのか、ほんとに何か病気なのかはわからないけど。

 

それでも毎朝、出勤。

 

意識を変えなきゃ、或いは転職? などとあれこれ考えてきたけれど、結局辞めるに辞められず、今に至ります。

 

何故なんだろ。

うーん、生活のためかな? 給料日になると、よし、1ヶ月頑張った!と思えるからかな(笑)。

お金が大事、なのかな。

 

 

息子が色んな夢を屈託なく語る。見たもの、経験したものをもとに、大工さんになりたい、銭湯の受付の人になりたい、昆虫研究家になりたい、などなど。

 

私が子どもの頃、私の母は、「将来、経済的に生きていくためには、安定した〇〇か〇〇の職業につかないとあかん」と繰り返し言いました。

ゲームクリエイターがいいな、小説家や漫画家もいいな、車体整備士もいいな、など思いつきを話すと、母は耳に入りもしないか、そんな仕事なれないし、経済的に無理と否定。

 

別に親のせいにするつもりはありませんが、私は、子どもの頃から不安を抱えるようになりました。将来が不安でした。

 

結局、なりたいものやりたいこと好きなもの、好きなことが何なのかわからなくて、親が薦めた職業に就きました。そうしないと経済的に生きていけないと思ったから。

 

結果、確かに経済的には自立できました。(つつましくなら生きていける程度に)

 

でも…毎日、仕事嫌だなぁと思い、精神疾患にはかかり(まあ、どうも小学生高学年の頃に発症はしていたらしいので、仕事だけが原因ではないのでしょうが)。

 

大人になり、不安…不安障害に苦しめられてます。

何とも皮肉なものです。不安を煽られたおかげで、不安から勉強を頑張り、就職できた一方で、病気にもなるなんて。

 

 

 

それで思うのは、私は息子の夢を応援したいなと。

どんな職業でも、些細な夢でも、いいね、楽しそうだねと話を聞いてあげたいと。安定した職業じゃないからと難色を示さないように、好きや興味の芽を肯定してあげたい、と。

 

ふとそんな風に思うんでした。

 

 

 

 

追記

 

この年になり、最近はようやくゆるく適当に好きなことを楽しむようにもなりました。

些細な好きも肯定できるようにも。

 

私はゲームが好き(笑)、歴史が好き(大河ドラマ好き、「麒麟がくる」楽しんでます)、お金が好き(笑)、美味しいクッキーが食べたい(笑)、漫画が好き(鬼滅の刃やら進撃の巨人などの少年漫画も読んでますが、最近、何故か「ダイの大冒険」を読み返してる←古いか?。7SEEDSもまた読みたい…)、読書は好き。

 

…些細な好き、金にならない好き、将来の役に立たない好き……

 

…それでもいい、いや、それが大事だったんじゃないかと齢40を前にして、考えるようになりました。

遅い反抗期です(笑)。

 

 

 

スイッチで運動〜フィットボクシングとリングフィットアドベンチャー〜

クリスマスプレゼントに息子に届いたニンテンドースイッチですが、私も遊んでます(笑)。

 

私がやってるのは、フィットボクシングとリングフィットアドベンチャー

 

体を鍛えるために運動ソフトで遊んでます(^◇^;)。

いや、なかなか外にウォーキングに行ったり、ジムに通う時間が取れないので、ゲーム感覚で運動できて楽しいです。

 

フィットボクシングは、リズムゲーム太鼓の達人をボクシングでやるという感じ。で、有酸素運動になると思います。

 

リングフィットアドベンチャーは、アクションRPGのようにストーリー性のあるゲームです。筋トレやヨガのポーズなどをして敵を攻撃、ステージを進めていきます。

…一人で筋トレしていると挫折しがちですが、これはゲームなので、自然と頑張れちゃいます(笑)。

 

二つのゲームとも、終わると汗だく。

 

いい運動になりますわ(笑)。

 

 

リングフィット アドベンチャー -Switch

リングフィット アドベンチャー -Switch

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 任天堂
  • 発売日: 2019/10/18
  • メディア: Video Game
 

 

 

リングフィット アドベンチャー | Nintendo Switch | 任天堂

試験終了。そして、陶芸。

職場の昇任試験、終了。

大したことはしていないはずなんだけど、少し疲れました…。

終わったからよし!

 

さて、写真は先月、陶芸した作品。

夫作、手びねりのカップ

 

f:id:Nonapenta:20200128222017j:image

 

こちらは私が作った電動ろくろのフリーカップ

焼き上がりは3月頃。

初めての電動ろくろ陶芸体験でした。

f:id:Nonapenta:20200128222021j:image

 

無心に土に触れている瞬間が楽しかったです。

 

↓は窯。

朝ドラに出てきていた窯みたいです。

 

f:id:Nonapenta:20200128222105j:image

 

f:id:Nonapenta:20200128222112j:image

 

陶芸、意外と楽しくて、ハマりそう(笑)。

 

 

お母さんが好きだから。

「毎朝、どうして保育園に行かないっていうの?」

「……」

「わかった。おうちがいいんでしょ。ゲームも動画もあるし、おやつはたくさん食べられるし」

「違うよ。お母さんが好きだからだよ!」

「え。じゃあ、お母さんがいないけどゲーム、動画、おやつがあるうちと、保育園、どっちがいいの?」

「そりゃあ、保育園だよ」

「……」

 

 

帰宅した息子との会話。

お母さんが好きだから保育園に行きたくない!なんて言われると、何も言えないな…(笑)。

でも、息子が保育園にいってるときはお母さんもお仕事に行っていていないんだけどなぁ。

 

息子が言うことが本心なのかどうかはわからないけれど、まあ、うむ、はあ、保育園にスムーズに行けるように気持ちを切り替える工夫がいるのかもな…とも考えるのでした。

 

 

仕事はお休み。

インフルエンザだったので、明日までは出勤停止。

そんなに熱も出なかったから、もう行っても大丈夫なんじゃ?とも思いますが、お医者様の指示に従う。

 

罹患していない息子は保育園。

私が仕事お休みだとわかっていたからか、いや、いつも通りか…相変わらず保育園行きたくないと言う。

何だかんだと励まして、連れて行く朝。

自分が仕事に行かなくていいせいか、ゆっくり対応。

 

けれど、気持ちはザワザワしております。

最近、息子はよくこう言います。

「お母さん、怒ってる! 怒ったから、もう行かん」

…怒ってないよと言うのだが、怒ってる、怒った声している、顔が笑ってないだの…私の表面の裏を感じ取り、詰るのです。

 

く。

怒らないように頑張ってるのに。ぐぐ。

 

ふー。

何だかね、息子が保育園に行きたがらないのも、ゲームして動画見て、わがまま放題なのも、かと思えば自分に自信がない感じなのも……(臆病な自尊心と尊大な羞恥心、だな)、全てが私自身が悪いからのように思えて、ぐぐぐーっと落ち込みそうになります。

 

私自身が自分に自信がなくて、いわゆる自己肯定感を感じておらず、こうしたい、これがいいという理想や望みがわからず、流されて生きている。

 

そのことは、私がひとり生きていく分には別に何とでもなったのかもしれないのですけど、息子を育てる上では、マイナスになってる気がする。

 

子どもは親の中にある未熟な部分をモロに反映してしまうんじゃないか、感情が伝播してしまうんじゃないか…なんて考えて、恐ろしくなっています。

 

私には子どもを一人前に育てる力がない……かもな、と。

周りのお母さんらの、うちの子は保育園行きたくないなんて言わないよ、言わなかったよという話を聞いて、憂いが生じる。

(いや、そもそもママ友と呼べる人もいないんですが、職場で子育て中の人やかつて子育てをしていた人の話なんですがね)。

 

いや、わかってる、よそはよそ、うちはうち。頭ではわかっているし、自分自身のことは、マイノリティ上等よ、と何というか開き直っていられる部分も大きいのですが…。

 

何でしょうね、息子のことは割り切れない部分もある。

そして、何故か自分自身が子どもの頃に感じた負の感情や思い出をリフレインしてしまう…。小学校入学にあたり、自分の辛かった出来事や感情がフラッシュバックするというか……

 

なんとか乗り切った子ども時代に、息子を通してもう一度挑んでいくような感じです^^;。

 

…それは、わからない。マイナスなのかな。それとも何か「挑戦」と言えるようなプラスのことなのかな。

 

今はまだわからないけれど、毎日、逃げずに向き合っていけるといいな…(自分のときはやり過ごしてしまった部分も多くて)。

 

 

と、子育ての悩み8割、

あとは休み明けの仕事が恐怖だわ(笑)。

担当の仕事…代わりにやれないからそのまま置いとくとのことで、うわー、机の上がどうなってるか…恐ろしい💧

休日出勤でやった分がパーです。それどころかまた休日出勤続くな……あー。ま、仕方ない。がんばろー。

 

 

ザワザワする気持ちから目を逸らしたく、蒸しパンを蒸してます…(笑)。

夕方、息子が帰ってきたら食べよう。

 

f:id:Nonapenta:20200120120717j:image