ちょっぺこ日記

日々雑感や本の感想などを綴ります。

紅葉が綺麗です。

 桜やイチョウの葉っぱが赤や黄色に色づいています。

 陽の光があたり、一層、鮮やかに色づいて見えました。

 

 それだけの光景でしたが、あ、綺麗だ、少し幸せだ、と感じました。

 そう感じて、ふと思いました。

 

 私は、私の心を自分で満たすことができる。

 

 昔、とある精神科を受診した際、医者にぼろくそに言われました。

 

「心の容量が小さいから、少しのストレスですぐあふれちゃうのよ。それに、なに、若いのに、彼氏もいないの? だから、駄目なのよ」

 

 云々……。仕事も忙しく、体や心も辛くて、ずっと憂鬱で泣いてばかりいた時期、すがるように初めてかかった精神科で、ろくに話も聞かずに言われた言葉(ろくに診察もなし、薬の説明もなしで、パキシルを処方されました。飲まなかったけど)。

 何やらショックで、異様に落ち込んだ記憶があります。しばらくして、冷静になり、怒りがふつふつと湧いてきましたが…。恋人がいるかどうかは関係ないだろ、と(笑)。

 

 今、ふと思うのです。

 確かに、心の器の容量は小さいな、と。

 それは今も昔も変わっていないな、と。

 けれど、小さくても、美しいもの、輝くもの、優しさ、ぬくもり……そんなもので、自分の心を満たすことができる……(ちょっとだけど)。

 

 それなら、まあ、容量が小さくてもいいんじゃない、と思うのでした(^ ^)。

 

 

 

 

今朝の攻防

 今朝も保育園に行きたくないと癇癪を起こす息子……。

 もういいや、仕事に遅刻してもいいと思って、落ち着くまで待ち、何が嫌なのかゆっくり聞きました。

 

 年長さんがいじめる、怖い……。

 

 前から聞いていた話ですが、ポツポツと色々話してくれました。

 

 年長さんのボス?が砂場にあるフライパンで皆んなのお尻を叩く。嫌だとやり返すと、年長さんの三人組が反撃してくる。怖くて嫌。

 

 と、まあ、そんな話でした。で、そこから、色々質問して、じっくり話を聞いていたら、何故か保育園に行くと重い腰を上げてくれました。

 

 年長さん三人組には、年中さん五人が協力して反撃するんだよ。それに、先生に〇〇君を叱ってもらうし……先生に守ってもらわなくても、僕たちだけで倒せるんだけどね。

 

 道中も色々話してくれました(笑)。年長さんは怖いけど、僕らもやっつけることはできるんだ、とか…(^◇^;)。

 

 そうか、そうなんだ…と話を聞いてもらえたからか、保育園の玄関では、自ら中に入って行きました。

 

 

 子どもたちも遊んだり、戦ったり、仲直りしたり、たくましく生きているんだなぁ……。自分の子ども時代も、そうだったかもしれないです。

 いいこと、楽しいこと、心地よいことばかりではなかった……ですが、おかげで、いいこと、楽しいこと、心地よいことが身に沁みたのかな。

 

 

 回想はさておき、朝、なかなか時間がないんだけど、できるだけ息子の話を聞いてあげたいと思います。

 

 …そして、仕事は、遅刻しませんでした(^ ^)。時短勤務のおかげで。…はあ。フルタイムに戻る日が怖いです。仕事以前に、職場に時間までにたどり着く自信がない💦。

 

 でも、多分、なるようになる。

 何というか、生きていれば、なるようになり、なるようにならなくなるってのは死ぬときなんじゃないかとふと考えたり……。

 

 月曜日。

 仕事が始まり、憂鬱な月曜日なんですが、新しい1週間の始まりでもあり、わずかな期待が憂鬱のコインの裏に潜む日でもあります。

 

 よし、今週もぼちぼち頑張ります。

 

インフルエンザ予防接種。

 昨日、インフルエンザの予防接種を打ってきました。私と息子。夫は職場で集団接種するらしいです。

 

 小児科で名前を呼ばれた息子。こわい!と逃げ出してしまいました(^_^;)。

 夫が捕まえて、抱き抱えて、診察室へ……。怖い、イヤーと言っていた息子ですが、注射されたら、意外とけろっとしていました。実際の痛みに泣いていたのではなく、痛いかもという不安に怯えていただけみたい。

 

 そして、私も注射。…インフルエンザの予防接種って、液体を注入する3秒ほどの時間が地味に痛いですね^^;。最近、やった胃カメラの筋肉注射の痛みに似ています。

 

  と、まあ、無事にインフルエンザ予防接種終了。

 息子は1ヶ月後に2回目がありますが。

 

 しかし、本日……私は腕が腫れて痛いです。

 息子は、微熱。副作用かな?

 というわけで、おうちでおとなしく仮面ライダージオウとルパンレンジャーを見ております。

 

 ジオウ…、オーズ編まで来ましたね。次週は鎧武ですか。そして、ゲイツの雲ゆきが怪しい。ゲイツがタイムジャッカーが擁立するアナザーライダーになっちゃいそうな予感。

 すごく真面目で頭がかたくて、正義感が強い人間ほど、悪に転落しちゃって、なかなか抜け出せない、みたいな展開がありそう(笑)。

復活(笑)。

f:id:Nonapenta:20181108123428j:image

 先週末のクヨクヨから、復活しています。

 

 仕事と人間関係については開き直って、やることを淡々とやっていたら、持ち直しました。

 …滅入るときは滅入りますが、まあ、そんなものです。仕事なんて…。

 しかし、給料日になるとチャリーンとお金💰が入った喜びにウキウキします(笑)。

 来月はボーナス。頑張ろう。…って、金のために仕事してるんかって感じですね(^◇^;)。

 

 日曜日には、のとじま水族館までお出かけ。

 ちょっと遠いので、疲れましたが、気分はリフレッシュできました(^_^)。

 

 今週も後二日。頑張ろう…。

 

 

泣くのを堪えて…

 今日は、何だか、泣きそうになる一日でした。

 まずは、朝。いつものごとく、いや、いつも以上に、息子が保育園に行きたくないと暴れました。なだめながら、何とか家から出して、何とか保育園への道を歩きました。 

 でも、保育園を目前にして行きたくないと引き返そうとする……抱きかかえて、保育園の玄関に入りました。

 しかし、靴を脱ごうとしない、行きたくないとと言い続ける……。

 

 よくよく話を聞くと、お友達が意地悪するから嫌、年上の子が砂場のフライパンでお尻を何度も叩くから怖い……などなど。

 いじめ?  

 保育園の先生の話では、他のお友達はむしろ息子と遊びたくてちょっかいを出すのだけど、息子は怖がって逃げてしまうとのこと。

息子 本人からしたら、意地悪されて嫌だと感じているんだろうな…。臆病で人見知りで繊細なとこがあり、しかし、不安や恐怖から攻撃的になっちゃう…のかな?と勝手に推測……。

 

 ああ、ここで、保育園も行かなくていい、幼稚園も行かない、学校も行かなくてもいいよ、と言えたら、どれだけ楽だろうな……と思いながらも、保育園の先生と一緒に必死になだめて、何とか行かせました。

 

 保育園から出たあと、ちょうど担任の先生がいらしたので、息子の話をしました。先生からも園での様子を聞いたり……。

 話をしながら、何か泣きそうな気分になりました。何に対して泣きそうなのかはわからないんだけど…息子よ、大丈夫かという心配と不安、毎朝のやりとりに対する疲労、ああ、仕事に遅れそうという焦り……ぐっちゃぐちゃです(^◇^;)。

 

 

 そんな少しブルーな気持ちでも、何とか時間に間に合い、職場へ。

 間に合うと言っても、時短だから皆より遅い出勤です。地味に肩身が狭い……。

 子どもがいない頃は、むしろ、開始1時間前には出勤して仕事を片付けていた私……それが今では…。

 

 

 そして、机の上に置かれた書類。

 詳しくは書けないけど、とにかく、職場に苦手な人達がいて、性格なんだろうけど、きつい物言いをされるので、たまにへこみます。

 そして、今日、心が弱っていたせいか、ぐぐぐっと胸が重苦しくなるほど、へこみました。多分、客観的には大したことないことなのに。

 涙が出そうになったけど、こらえてこらえて。そうしたら、鼻水がたくさん出てきました(笑)。

 ぶぶーっとティッシュで鼻をかみ、仕事仕事。

 

 

 そして、帰宅して、いつもなら保育園にお迎えに行く前にバタバタと洗濯物を畳んだり、晩御飯作ったりする30分ほどの時間を……泣きながら、スマホでブログ書いてしまっています。

 

 はあああ、

 

 

 吐き出すと少しマシに?

 …ネガティブなことばかり書いて失格ですね。

 いやいや、でも、もともと私はキラキラしてない、前向きでもない、かなりダークな人間なのです……。

 太宰治サリンジャーを好んで読むあたり、前向きキラキラではないのは一目瞭然かもしれませんが(^_^;)。

 

 

 

 さてさて、書きなぐって、少し毒吐いて、よっしゃー、今から息子を迎えに行ってきます。

 顔洗って、涙の痕跡を消さねば…!!

 

 

 

 

と 、え、地震

気のせいかな。

胃カメラしてきました。

 夏頃から胃の具合が悪いのか、オエっとえずいて、ゲップが出て、困っていました。

 多分、精神的なものだろうなあとは思いましたが、病気だとまずいので、念のため、胃カメラしてきました。 

 数年前に胃がん検診で引っかかってるので、念のため。胃カメラ自体は3回目です。

 

 結果は異常なしでした(^ ^)。

 

 早食いのせいか、空気がたまっていて、ゲップが出るみたい。ゆっくり食事をしましょうと言われ、おしまい(^◇^;)。

 …胃は何ともないのに、症状はあるんだから、辛いのは辛いんだけどなぁ。。

(ま、体の病気という可能性はつぶせたので、よしとしましょう。気持ち悪くなったりするのは、…多分、精神的な部分も大いにありますから)。

 

 

 さて、胃カメラについて備忘録としてメモしておきます。

 今回も口から胃カメラ、鎮静剤ありでやりました。

 鼻から胃カメラもありましたが、私は慢性副鼻腔炎なので、やめました。鼻に疾患がある人は、鼻から胃カメラだと鼻が痛いらしいので。

 

 検査の流れは以下の通りです。

 

  • ジュースみたいな液体をコップ一杯飲む。
  • 喉にスプレーで麻酔。喉に溜めて、30秒後に飲み込む。
  • 胃の動きを止める注射を肩に打つ。筋肉注射。
  • 処置室に移動。
  • 静脈に鎮静剤(セルシン50mg )を注射。意識が朦朧となる。
  • 胃カメラ投入。
  • 意外と意識がはっきりしていて、結構、辛い💦。太い管が喉につかえている感覚。苦しいが、我慢。
  • 終了。ふらつくため、車イスで移動。

 

  …これまで、違った病院で胃カメラしてきましたが、鎮静剤の効きは病院によって違いますね。

 今回は、かなり意識が残っていたので、苦しかった……とはいえ、鎮静剤なしよりは楽なんでしょうが。

 

 前々回は完全に意識をなくし、二時間以上、爆睡。

 前回は、序盤の記憶はなく、ずっとぼんやり。

 今回は、胃カメラ挿入の瞬間は記憶がないですが、ぐぐぐと喉を通る感覚はあり、ちょっと痛くて、苦しかったです。

 

 でも、効きが弱いおかげで、30分くらいで歩けるようになりました。それはありがたいのかな。

 

 そんなこんなで、胃カメラ体験記でした。

 少なくとも胃の病気じゃないとわかり、安心できました(^ ^)。

ひらがな。急にいくつか読めるように。

  先日、息子がひらがなの表を持ってきて、

 

「これが、じいじの名前、○○○。これが、ばあばの名前、○○○」

 

 と言いながら、該当するひらがなを指差していきました。

 

 息子は5歳ですが、まだひらがなを全部読めません。

 家では、特に教えていないのですが……急に読めるひらがながいくつか増えたので、親の方がびっくり(笑)。

 

「すごい! 読めるの!!  偉いねぇ」

 

 と褒めまくりです。

 

 とはいえ、まだ半分も読めないんですが…。

 

(教えた方がいいのか?  無駄に小中高の教員免許を持っていますが、家庭で勉強させていないな…まあ、いっか(笑))。

 

でも、ペースは遅くても、少しずつひらがなを覚えていってる模様。

 

 少しずつ成長中♬

 

 見ていて、嬉しくなります。