ちょっぺこ日記

日々雑感や本の感想などを綴ります。

「ぼくはここにいる」さなともこ

  先日、『童話館ぶっくくらぶ』の通信で取り上げられていた「ぼくはここにいる」という児童向けの作品。早速、図書館で借りてきて、読んでみました。

 

choppeco.hateblo.jp

  

 学校でいじめにあっているボク。もう死にたい…と屋上から飛び降りようとしたとき、「お命、預からしてもらいます」と目に見えないホシがあらわれて……。

 児童向けの短いお話ですが、学校に行くのが苦しい、「自分が自分から、どんどんはなれていくような感じがする」といった描写が、ああ、そういうときもあったなぁ……自分の学生時代を思い出してしまいました。

 

とつぜん、息さえもうまくいかなくなってしまったのだ。息が吸えない。あせって吸おうとしたけど、吸っても吸ってもうまくいかない。急に空気がうすくなったような気がして教室を見回すと、みんなは平然と、ふざけあったり、しゃべりあったりしていた。その光景はますますボクの胸をしめつけ、ついにボクは、水の中でおぼれるようにして教室の中でおぼれた。

 

 こんな気分は…大人になった今でもしょっちゅうあります(笑)。いじめられているとかではないですが、今でも、職場で「ああ、息苦しい」と感じることはよくあります^^;。

 でも、このお話のボクは、まだ14歳。学校という狭い世界しか知らない。その中で、いじめられて、無視されて…その苦しみは本当に苦しいのだろうなぁと思います。子どもでも、子どもゆえに、もう行き止まりのような絶望を感じることもあるでしょう。

 そんなとき、この作品に少しの勇気と希望をもらえるように思いました。

 

「泣いたらええやありまへんか」

と、やつはいって、ゆったりとボクをゆすりはじめた。

がまんするのやめなはれ。がんばるのやめなはれ

 ボクの目から、みるみる涙があふれだす。がんばれ、しっかりしろ、負けるな、逃げるな、そんな言葉をどれほど自分に向かっていいつづけてきただろう。ボクは泣いた。思いもよらない言葉に泣いた。夜空をあおいで、声をあげて泣いた。

 

 何か泣きたい気分です^^;。(今日も仕事で憂鬱なことがあったからか?)。大人になったし、親になったし、泣く暇も場所もなくて、ここのところ、泣いていないけれども、ああ、思い切り泣きた~い!と思っちゃいました。

 

もうダメだ、限界だと思ったとき、

ふと肩の力をぬくと、

ちがう世界が見えてくるかも。

ものの見方は、

いろいろあるんだよ。

 

ぼくはここにいる

ぼくはここにいる